何が来るで?~皐月賞~

ついにこの日が来た!

ビターエンダー!

クラシック第1戦!






ってことで

私の出資馬ビターエンダーが

初めてG1に挑戦します。


出資したときは

当然のごとくこの日が来ると

根拠のない妄想をしていましたが

すぐに突きつけられる現実。

そもそも年間6~7千頭も産まれるサラブレッド

その中でクラシックに出走できるのは

どう頑張っても1レースに18頭まで。

普通に考えれば

ここにたどり着けない馬の方が

圧倒的大多数であるという事実。

そんな中で、自分の馬がクラシックに出るというのは

本当に奇跡のような出来事なんだと

一口を始めてみて、ようやく理解しました。

しかし、そんな中で

エンダーは私を、クラシックに連れてきてくれました。

奇跡のような馬です。

エンダーと一緒にこの日を迎えられただけで

今はただ、感謝です。

世の中は暗闇の真っただ中です。

世界中が苦しんでいます。

本当は中山競馬場に駆けつけたいところですが

今はそれすらできません。

でも、心は中山のスタンドにあります。

例えどんなに離れようと

この声が届くと信じて

力の限り応援しようと思います。





さて

私にとってはそんなレースですが

皆さんにとっては別ですね。

他に応援したい馬もいるかもしれませんし

ただひたすら馬券を当てたいかもしれません。

エンダーについて延々語っていたいところですが

それはそれ

これはこれ

と、割り切って馬券のことも考えていきましょう。

ってことで今週は……





皐月賞





……を、予想してまいります↓










まず、前走と同じように

出走馬を格付けしてみました。

各馬と一緒に走った馬を追跡し

着差や内容など比較しながら格付けを行いました。

各馬、前走時点での能力順としています↓



S
コントレイル


A
サトノフラッグ
サリオス
ダーリントンホール
ヴェルトライゼンデ
ビターエンダー


B
ブラックホール
クリスタルブラック
ガロアクリーク


C
レクセランス
コルテジア
アメリカンシード
マイラプソディ
キメラヴェリテ
ラインベック


D
ディープボンド
ウインカーネリアン

E
テンピン






ただ、これは前走時点でのもの。

当然馬達は成長しているので

追い切りを見ながら

今回の調子や成長度合いを見てみました↓



コントレイル
前走より馬体が大人に。
調教での動きも良化している。

レクセランス
前走から引き続きという感じ

コルテジア
前走よりも走りが良くなっている。
ここに向けて仕上げてきた印象。

テンピン
当たり前だが前走よりも成長している。
ただ成長途上という感じ。
時計は良いが動きは幼い。

サトノフラッグ
前走からの成長は感じないが
調子は前走より良さそう。

ディープボンド
相変わらずという感じ。

サリオス
馬体の成長自体はそこそこだが
性格がかなり大人になった印象。

ウインカーネリアン
特に変わりなし。

ブラックホール
前走から変わりは無さそう。
最終追い切りでは横を向いて走る。
これを余裕の表れと見るかどうか……。

アメリカンシード
前走より少しだけ成長。
調子も上向いている感じ。

クリスタルブラック
前走と同じくらい。
気性がまだ幼い感じ。

マイラプソディ
前走と同じくらいの出来。
成長は感じない。

ダーリントンホール
前走より成長している。
状態も前走以上か。

キメラヴェリテ
前走と変わらず。
まだ馬が幼い感じ。
影を気にして逃避したりと臆病な面も見られる。

ラインベック
ホープフルSから成長を感じない。

ガロアクリーク
ホープフルから前走は別馬レベルの成長。
今回はさらに動きが良くなった。

ヴェルトライゼンデ
まずまずの成長。
ただ劇的に良くなっているわけではない。

ビターエンダー
前走よりもさらに成長。
走りのバランスが良くなりスマートな動き。





ってことで

この2つと馬場やらを考えながら予想していきましょうか。

皆さん、土曜の競馬は見ましたか?

水しぶきが飛ぶような凄まじい馬場でしたね。

田んぼを通り越して、沼みたいでした。

不良というより極悪です。

タイムを見れば一目瞭然ですね。

中山グランドジャンプに至っては

3頭が競走中止。

シングンマイケルが最後の障害で力尽きました。

あのオジュウですら最後バテバテに……。

明日は晴れるとは言え

こんな馬場の中でやるわけですから

これはもう耐久戦のようになると思います。

ひたすら我慢比べです。

そうすると、切れ味だのなんだのというより

体力精神力馬場適正がものを良いそうですね。



まず、C評価以下の馬は切ります。

何か、これといった武器があれば

穴として面白そうですが

この面子を見る限り

突出した武器を持っている感じではないので

ここはバッサリ切ります。

B評価以上の馬で考えて行きましょう。



まずS評価のコントレイル

能力的にはやはりナンバー1です。

その上、前走からしっかり成長しているようなので

ここでも能力的には1番手と見るべきでしょう。

ただ、今回最内枠を引いてしまいました。

ちょっと馬場が渋る程度なら問題ないですが

この馬場だと序盤から消耗させられそうです。

また、レースや追い切り映像を見ているうちに

私はこの馬の弱点ではないかと思えるポイントを

見つけてしまいました。

この馬、まだ一度も苦しいレースをしていません。

追い切りでも、がっつり併せた経験が少なく

いつも楽に外を回ったり

併せ馬でもスッと抜け出してしまいます。

それはこの馬の能力の高さ故にできることですが

ここに来て、最内枠です。

序盤からこの極悪馬場で

さらに外からがっつりプレッシャーをかけ続けられたら

どうなってしまうでしょうか?

昨年の大阪杯の後に書いたとおり

ディープ産駒は競り合いに弱い馬が多く見られます。

ディープ自身もそうでした。

本当は能力にものを言わせて

競り合わないように抜け出してしまえばいいのですが

今回はそれが難しそうです。

それでも勝てれば、それこそ本物の名馬ですが

私は今回、この馬は着外になる可能性すらあると思います。

当然、能力で押し切ってしまう可能性も高いですが

ギャンブル的面白さを求めるなら

今回は切ってみてもいいかもしれません。

ここは私の馬券における勝負どころと感じました。

当然、コントレイルを支持する皆さんは

それでも勝てると信じてあげてください。

3強と言われていますが

能力的には1強だと思います。




続いてA評価の馬達を見ていきましょう。

こんな感じです↓


サトノフラッグ
前走強い勝ち方でしたが
エンジンのかかりが遅いのが気になりました。
ただ今回はこの極悪馬場なので
瞬発力はあまり関係なくなりそうです。
むしろ前肢も使ったこの馬のパワフルな走りは
ここでこそ真価を発揮しそうですね。
鞍上ルメール先生ですし
上手く立ち回ってくれそうなのもプラス。
ただ道悪適性のある先行馬に
してやられる可能性は多分にあります。

サリオス
距離不安が囁かれていますが
追い切りを見るとオンオフがはっきりしており
精神的に大人になった様子がうかがえます。
道中我慢できれば
最後に馬格とパワーにものを言わせた
末脚を炸裂させてくる可能性があります。
ただ馬格があって消耗は激しそうなので
前走のように先行すると
最後失速するかもしれません。
レーン騎手は隔離が明けたばかりで
この馬とはほとんどコンタクトをとれずに本番。
前走のようなイメージで乗られると危ないです。

ダーリントンホール
欧州血統で道悪はまったく苦にしません。
また前走早めに動いたように
展開次第である程度自在に動けるのもプラス。
前走の追い比べに見せたように
勝負根性もかなりのものです。
消耗戦でもしっかり実力を発揮できそうです。
さらに追い切りを見ると
前走よりさらに良くなった印象。
皐月に強いミルコ騎手ですし、注目ですね。

ヴェルトライゼンデ
道悪適性が高く、地力もあります。
外目の枠を引いてしまいましたが
今回はむしろそれがプラス。
萩Sでスローの消耗戦も経験しており
中山得意な謙ちゃん鞍上も良いです。
強いて言えば
年末からそこまで成長しているわけではないので
他の馬に成長分で追い抜かれると厳しいです。

ビターエンダー
あとでたっぷり語ります。




そして頭は厳しいと思いますが

馬券圏内にはきそうなB評価の馬。

桜花賞でもスマイルカナ来ましたしね。

注目してみましょう↓



ブラックホール
札幌2歳Sで見せたように
重い馬場で末脚を爆発させることができます。
道悪適性だけで言えばメンバー1かもしれません。
今回は叩き2戦目で状態も上向いています。
全馬が馬場を見て右往左往する中
後方から腹をくくっていけば面白そう。
理想は最後方待機からの最内ゴルシワープ。
父の再現あるかもしれませんね。
ただ最終追い切りでふざけながら走っていました。
余裕をかましていただけなら良いのですが
気の悪さが出てきたなら心配です。
相沢先生は手応え感じてるようだから
心配しすぎかもしれませんが。

クリスタルブラック
デビューから2戦
幼さを見せながらも末脚炸裂させて勝利しています。
前走も大外から突っ込んできましたね。
能力的にはかなり面白そうな1頭ではあります。
ただ、追い切りを見ると
そこからあまり変わり映えがしませんね。
気性面もまだまだ子供っぽいので
本当に苦しくなったときにどうか……。

ガロアクリーク
ここ最近の成長著しく
あっという間に重賞制覇を成し遂げました。
ホープフルのときとは完全に別馬です。
ただ、前走は展開にも恵まれました。
ヴェルトライゼンデにも勝っていますが
スローのヨーイドンで決め手勝ちしただけで
総合力ではまだヴェルトライゼンデ以上とは言えません。
また、前々走は早めに動いて行きましたが
最後止まってしまったところを見るに
総合的な体力はまだまだなのかもしれません。





そして最後に

私の出資馬について

たっぷり語らせていただきましょうか。


ビターエンダーについてです。

昨日、枠を見た時は

正直、ちくしょおおおおおおおお!

と思いましたけど

ただ今日の馬場を見て

勝てると思いました。

デビュー戦では台風のあとの荒れ馬場を

33秒台の脚で突っ込んできました。

出遅れ響いて3着でしたが

馬が競馬を分かっていなかったのが原因です。

2戦目は強気に先行して

最後余力たっぷりに後続をちぎり捨て圧勝。

スローでのみ先行できるように言われていますが

好時計で決着した府中でも先行していますので

エンダーの状態次第と見るべきでしょう。

このときはパドックからしてやる気でしたしね。

3戦目京成杯

ソエによる放牧から帰ってきての復帰戦。

成長はしていましたが

出来としてはまだまだの状態でした。

パドックでもボーっとしてました。

さらに道中、動くに動けない位置になってしまい

長く良い脚を使えるこの馬の良さが活きませんでした。

それでも最後は勝ち馬と同じ脚色になっており

1・2着と能力的な差はないというのが私の感想。

前走共同通信杯

状態は抜群でした。

さらに走り方もモデルチェンジし

加速力がぐんと上がりましたね。

最後の最後までしっかり伸びていましたし

ハナ差競り負けたのは勝ち馬に寄られたせいで

実力的には勝っていました。

そして今回は、そこからさらに成長しています。

京成杯→共同通信杯→今回と

追い切りの動きを見較べてみてください。

その成長速度に驚かされるはずです。

相沢先生も自身のコラムで

「これだけ変わる馬は珍しい」と称えています。

相沢厩舎の担当記者である阿部さんによれば

入厩前から先生はその素質を高く評価しており

「うちには1頭大物がいる」

「うちにエポカドーロが来る」


と、G1級の力があると感じておられたようです。

私も、デビュー戦を見て

ただの馬ではないと感じました。

走り方がこれまでの馬達とは全然違ったので

大仕事をしてくれるかもしれないと思いました。

それに加えてこの成長ぶり。

正直現在のオッズが私としては信じられません。

それに今回は消耗戦になりそうです。

皆さん、エンダーの過去4戦を見て気づきませんか?

この馬、レース結果こそ黒星があるものの

一度もその走りが止まったことがないということに。

デビューしたころは体力が足りてないと言われていたのに

4戦中3戦で重い馬場を経験しながら

一度もレース中バテた姿を見たことがないのは

バランス感覚が優れているからだと思います。

前走後、ミナリク騎手が語っていました。

「荒れた馬場でもバランス良く走っていた」と。

これは父オルフェーヴルにも見られた特徴です。

オルフェーヴルのあの重馬場での強さの秘密は

緩い馬場でもしっかり蹴り込んで

かつバランスを崩さない体幹の強さにあったようです。

そしてその特徴をエンダーも受け継いでいます。

私には見えます。

大外枠から颯爽と先団に取り付き

4角で早め先頭から

最後もがき苦しむ後続を尻目に

涼しい顔でゴールを駆け抜けるエンダーの姿が。


なので、泥んこ馬場であろうと大外枠であろうと

面子がどんなに強力だろうと

宣言したいと思います。



ビターエンダーが圧勝します!



ってことで、私の予想は



◎ ビターエンダー
○ ダーリントンホール
▲ ブラックホール
△ サトノフラッグ
☆ ヴェルトライゼンデ




とします。

サリオスはレーン騎手がやらかすと見て切ります。

あと、コントレイルは……

馬券の面白さを求めて切ります。

ただ最後の直線

王者としての走りを見たい気もします。

ビターエンダーと競り合いになって

最後エンダーが競り勝つという

そういうシーンを見たくないわけではありません。

そういうシーンになったら

馬券を忘れて絶叫すると思います。










何にせよ

ついに皐月賞です。

酷い馬場です。

あのオジュウすらバテるような……。

だから色々書きましたけど

もし一つだけしか願いが叶わないとしたら

18着でも良いので

エンダーに無事に帰ってきてほしいです。


それさえ叶えば、満足です。



ビターエンダー

幸運を祈る!











終了後追記





燃え尽きた……

燃え尽きました……

真っ白にね。





ビターエンダーありがとう。

こんなに夢を与えてくれて。

結果は残念だったけど

G1に自分の出資した馬が出るってことが

こんなに楽しくて嬉しいことなんだって

教えてくれてありがとう。

一生懸命走ってくれてありがとう。

お疲れ様。


よく頑張った!





それからコントレイル。

強い王者でいてくれてありがとう。

やっぱり君は

妄想の世界から飛び出してきたような

すごい馬だったよ。

ディープインパクトの最高傑作よ。

クラシックを盛り上げてくれ。

君の背中は果てしなく遠いが

俺とエンダーはまだ諦めないから

またいつか一緒に走ってくれ。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

しょうたそ
2020年04月18日 19:57
公私において辛い出来事続きの日々でしたが、それでも前向きになれたのはビターエンダー達のおかげでした。
かっぺさんが言うとおり、名前に恥じること無く、止まらず最後まで懸命に走り抜く姿に、自分自身何度も奮い立たされました。
いよいよ皐月賞ですが、大外枠で遺憾なく力を発揮してくれる事を信じています。
完成はまだまだ先だと思いますし、末長く活動してくれることを願っていますが、明日は勝利を渇望し応援します。


いなかっぺ
2020年04月19日 17:25
>しょうたそさん

希望のような馬ですね。
結果は残念でしたが、私はまだまだこの馬で夢を見ようと思います。
コントレイルやサリオスも、いつかギャフンと言わせられると信じて、これからもエンダーを応援しようと思います。