ショウゲッコウ新馬勝ち

というわけで

土曜日の京都6レースで

私の出資馬ショウゲッコウがデビューしました。

私の出資馬はこれまで

ビターエンダーが2戦目で勝ち上がり

来年のクラシックに向けて上々の滑り出しとなりました。

しかし、ビターエンダーについては

もう、どんな馬でも出資していたというか

要するにオルフェーヴル産駒だったので

オルフェ大好きの私が見逃すわけもなく

良い馬だと思って選んだ、というか

オルフェ産駒だったから選んだわけであって

エンダーがいくら活躍したところで

私の馬を見る目がどうこうという話にはならないわけです。

まあ、出資後の馬の成長を見て

良い馬だとは確信しましたけどね。

ただオルフェ好きな私にとっては困ったことに

この世代のユニオンの募集馬には

オルフェ産駒がビターエンダーしかおらず

かといって他のクラブに手を出すほど余裕があるわけでもないので

私はエンダーに出資しつつ

他のユニオン馬にも出資することに決めました。

第2号になったのはサービスエース。

この馬も、相馬眼とかそういうのは関係ないです。

パンフレットをパラパラ見ていて

顔の可愛さと血統のロマンに惹かれただけです。

この仔なら未勝利で終わっても許せると

そう思ったから出資しました。

現在デビュー前のトレセン入りで苦戦中です(笑)

で、この世代の出資はこの2頭にしようと思ったんですが

その後も届く、募集馬達の成長の様子に

私はさらに出資したいという思いに駆られました。

そこで目を付けたのがグレアミラージュ

そして

ショウゲッコウでした。

この2頭に関しては

馬体を見て、血統を見て

動きを見て、レポートを見て

他の候補馬も混ぜた中で何度も何度も厳選を重ね

選びに選び抜いた2頭でした。

つまり、純粋に良い馬だと思って選んだ馬です。

長くなりましたが、つまりですね……

ビターエンダーやサービスエースが

今後どんな大舞台で活躍したところで

私にとっては縁があったというだけの話なんです。

まあ、それでも活躍して欲しいですけどね。

ただショウゲッコウやグレアミラージュは

勝てば私の相馬眼の証明にもなるわけで

ただドヤ顔できるだけじゃなく

今後一口を続けていく上で

やっていけるという自信になるわけです。

そんな中の、今回のデビュー戦だったわけです。





話を金曜日くらいに戻しましょう。

私はショウゲッコウの枠順確定を見届けると

おもむろにグーグル先生を開き

ショウゲッコウの名前を打ち込みました。

ビターエンダーのレース前もやりました。

自分の愛馬がどんな評価をされているか

確認するためでした。

エンダーのときはそれは楽しかったですよ

優勝候補として取り上げられていましたから

もう本番当日をワクワクしながら迎えました。

でも今回は違いました……。

ショウゲッコウの検索結果自体がまず少ない。

誰も期待していない

誰も評価していない様が

ありありと伝わって来ました。
※出資者除く

さらに追い打ちをかけたのは

担当する助手さんのコメント

「まずは次に繋がる走りをしてほしいですね」

それってつまり……

陣営すら勝てると思ってないってことじゃん。

私は膝を屈しました。

が、ここで思いなおします。

まあ、デビュー勝ちできる競走馬などごくわずか。

別に無敗のお馬さんに出資したくて

ショウゲッコウを選んだわけじゃなし

長く元気に活躍してくれればと思って

いつか勝ってくれればと思って出資したのだから

一つ一つクリアできればそれで良いじゃないか。

まずはデビューにたどり着けた

それだけでめでたいじゃないか。

私はそう気持ちを切り替えると

現地には行けないので

ウインズで応援馬券を買い

初戦を見届けることにしました。





そして当日。

私は朝を迎えると

おもむろにPATにログインしました。

そして1万円を入金(他に当日の競馬資金を入金)。

ビターエンダーのレースでもやりましたが

100円ずつの単複(がんばれ馬券)は現地購入。

その他、ご祝儀と道中安全祈願の御賽銭代わりに

1万円分その馬の馬券を購入することにしていたからです。

ただ今回は勝ち目がなさそうなので

せめて馬券圏内に入ってくれればと

複勝を1万円購入することに……

と、思いましたが

まあパドックくらい見てから決めようと

そのままウインズに向かいました。





で、午前中のレースが終わり

簡単な昼食も済ませたところで

ついにショウゲッコウのパドックが

モニターに映し出されました。

私はそれを食い入るように見つめます。

ショウゲッコウ1.jpg
※実際に撮影したわけではなく、公式映像から

陣営のコメントで

まだトモが緩いとありましたが

その通りだと思いました……。

そう、パドックの1週目はね。

私は福島の6レースが放映されるのを無視して

京都のパドック映像を見続けました。

するとパドックの2週目

気合が入ったのか

ショウゲッコウの歩様が力強くなりました。

また、確かに緩さはありましたが

蹄のインパクトにパワーを感じます。

そして何より……

私がこの馬に出資することを決めた要素

お尻を振りながら歩くセクシーな歩様。

私は勝手に

モンローウォーク

と呼んでいますが……

それをパドックでも見せていました。

そこで、私は考えを変えます。

ダメでも仕方ない。

レースが終わるそのときまで

この馬がナンバー1だと信じよう。

そう思った私は

複勝ではなく

単勝に1万円を購入。

110倍ほどだったオッズが

私が1万を投じた影響か

105倍ほどに下がりました。

私はその後、東京6Rの放映も無視し

京都の本馬場入場、返し馬を確認すると

大型モニター前の座席に移動しました。

ダメで元々……

ビターエンダーのときのドキドキに比べれば

私の心は静まり返っていました。

そして

ついにレースのスタートが切られます。

陣営の作戦は先行押し切り……

果たしてスタートは!?










ショウゲッコウ2.jpg



行けない……!

スピードが

テンのスピードがつかない


スタートは良いとか言ってたけど

これは良いとは言わない。

悪くないって言う程度!

私の心は若干諦めに傾きました。

が、レースはまだ序盤。

ここからの走りに期待だ!










ショウゲッコウ3.jpg



いや、砂かぶってめっちゃ下がってるじゃん。

国分騎手も戸惑ってるし……。

これダメな奴だわ。

ある程度の着に来れれば上出来な奴だわ。

あはは……

それ、がんばれ、がんばれ!


私は運動会で転んだ我が子を応援する

親のような気持ちになっていました。

が、ショウゲッコウは

まだその闘志を殺していませんでした。


レースは3コーナーから4コーナーに差し掛かりました。

私の目には外に持ちだそうとするショウゲッコウの姿

さあ、どこまで頑張れるかな?

私は温かい視線を送りました。

しかし、その時でした。





ショウゲッコウ4.jpg



ショウゲッコウは急に首を深く下げると

そのまま一気に加速しました。


見てください、この馬体の伸びを。

私はこれを見た瞬間

「へ?」

となりました。

何だ今の動きは?

と、ついて行けなくなる私を他所に

レースは直線に入ります。





ショウゲッコウ5.jpg



ウインズの大型モニター。

そこに映し出されたのは、なんと

先頭集団に襲い掛かるショウゲッコウの姿でした。



え!?

ちょっ、待っ!?

えぇ!?




理解の追いつかない私でしたが

とりあえずショウゲッコウが上位争いをしている状況

「よし! 行けええ!」

とりあえず叫んで見たものの

頭の中はパニック状態



え!?

何!?

勝つの!?

勝てるの!?

え!?

え!?




そんなことを思っているうちに





ショウゲッコウ6.jpg



並んだあああ!?





ショウゲッコウ7.jpg



抜けたあああ!?





ショウゲッコウ8.jpg



勝ったあああ!!!










ファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!?










思わず席を立つ私。

周りをきょろきょろ見回す。





ふぅ





落ち着け。

まず落ち着け。

とりあえずショウゲッコウが勝った!

やったぜ!


しかし待て待て待て。

重要なことを忘れている。

そうだ、ご祝儀で1万円単勝買ってた。

あれのオッズいくつだったか?

落ち着こう。

まず落ち着こう……。

私はスマホを取り出し

JRAのホームページを開くと

最終オッズを確認しました。





169倍





ん?

あぁ、スマン見間違いだ。

私以外にもきっと応援馬券を買った人がいたんだな。

それで一気にオッズが下がったんだ。

16.9倍ね。

いや~、1万円が16万円になっちゃったよ

やったやった☆

と思いもう一度見てみましたが





169倍





少数点……。





169倍





少数点が、ない……。










ファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!?





OK!

OK!

落ち着こう。

まだ慌てるような時間じゃない。

まだレースは確定していない。

ショウゲッコウは1着で通過したが

降着になっているかもしれない。

コーナーで外に出した時

後ろの馬を盛大に妨害したような気がする!

降着の可能性もあり得る!


まあ、審議のランプも付いていないのだから

そんなことありえないんですが

このときは本気でそんなこと考えていました。

が、すぐに確定のアナウンス。

1着は見事にショウゲッコウ!

出資馬のデビュー勝ちです。

やったー!


でも、単勝やっぱり169倍……。

え?

じゃあ、今私のPATには……。











手が震え出します。

もう寒くなって来たのに

汗が吹き出してきました。

私がジョジョの登場人物なら

今まさに



ドドドドドドドドド

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ




の文字が描かれていることでしょう。

いや、しかし……

買い間違えているかもしれない。

現に今年の宝塚記念でやらかしたし

十分あり得る。

私は何とか平静を保とうと努めながら

PATを開きました。










IMG_0544.PNG










…………確定申告しなきゃ。










100万馬券を手にしたら

心臓が止まるんじゃないかと思っていました。

が、実際にその金額を目にしてみると

意外と現実的なこと考えるもんですね。

昨年宝塚記念で49万当てた時は

もう少しテンション上がってたんですけど

100万超えると逆にテンション下がりました。

その後の私は

ウインズでただぼけーっとレースを見ていました。

それはそれは、静かな時間でした。










とはいえ!

ショウゲッコウがデビュー勝ち!


100万馬券はさておき

このことは何とも嬉しい限りです。

私が良いと思って選んだ馬!

私が走ると思って選んだ馬が!

勝利!




勝利!



14番人気ですよ。

単勝人気169倍!


ウインズで競馬新聞買いました。

ビターエンダーの時は印がいっぱい。

エンダーを褒めちぎるコメント。

ああ、みんなに認められて

エンダーは堂々走るんだと思いました。

でも今回は真っ白!

堂々の無印!

無印良品!


どの記者も全然注目してない!

コメント欄見ても馬の名前すら書いてない!

前日はそれでも二桁だったオッズも

気が付けば169倍!

期待されてない。

勝つと思われてない。

何てったって募集価格800万円

一口たったの4万円

それでも満口にならず

残口情報すら載らなかった。

売れ残りまくり!










でも彼女は勝った。

そんな馬を私は選んだ。











ドヤ!





と、まあ天狗になるわけです。

一口を始めたときね

こんなこともあるかな~

あったらいいな~

って妄想してたことの一つにね

自分の出資した馬が全然評価されてなくて

レースでオッズが100倍を超えて

でも自分は信じて単勝をしこたま買って

それで超万馬券を当てるって

そういうことをね

バカみたいですけど、妄想してたんです。

まさかね……こんなバカな妄想が

デビュー2頭目で現実になるなんてね。

人生、分からないもんですね。










ショウゲッコウ

昇月光と書きます。

月が昇るように

彼女はデビュー戦で静かに

しかし高らかに勝利しました。

彼女の誕生日は4月5日。

私も4月5日生まれですが

この馬とも結局、縁があったのでしょうか。

彼女は私にツキをもたらし

私の行く末を光で照らすために現れた

そんなお馬さんなのではないかと思います。

ショウゲッコウ……

彼女が今後どんな競走馬になるか

それはまだ分かりませんが

少なくとも私にとって

忘れえぬ一頭となることは間違いないでしょう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

しょうたそ
2019年11月18日 22:46
素敵な記事に、自分のことのように嬉しくなりました。
誕生日が同じだなんて、もはや運命ですね。
自分はビターエンダーの一口馬主で、新馬戦と未勝利は現地でかぶりついて応援していました。
今後こんな素敵な体験を重ねていきたいです。
いなかっぺ
2019年11月20日 19:30
>しょうたそさん

誕生日を見て運命を感じなかったわけではありませんが、そんなに上手くいくものではないとも思っていました。
でも時折、小説よりドラマチックなことが起こる競馬。
まさかそのドラマの登場人物になる日が来るとは、夢にも思いませんでした。
競馬ってのは本当に良いものですね。
ビターエンダーについては私も現地かぶりつきで見てました。
素質のある馬だと思います。
きっと我々をクラシックへ連れていってくれることでしょう。