予想するじゃん~日本ダービー~

昨年は「平成最後の」という言葉が

あちこちで飛び交いましたね。

まあ、昨年どころか

ついこの間まで飛び交ってましたけど。

競馬界においてもそれは同様で

一年前の今日は

平成最後の栄誉を掴むのは

果たして誰なのかと

ドキドキしていました。

結果、ワグネリアン騎乗の福永騎手が

20年越しの悲願を達成し

平成の最後に名を刻んだわけです。

さて

そして時代は変わりまして

令和

になったわけです。

今度は「令和最初の」がキーワード。

新しい時代を切り拓く

そんなシンボルになるのは

果たして誰でしょうか?

令和の競馬史の

最初の象徴になると思います。

それだけ、このレースは特別。

何だかんだ競馬の祭典。

テンション上がって来ましたね!

それじゃあ、今年も参りましょう。

今週は










東京優駿
日本ダービー











を、予想して参ります↓










さてさて

予想の仕方は先週と同じにしました。

結果ハズレはしましたが

桜花賞組はそこまで信用できない

とする私の予想は当たっていたので

今回もレース全体を見る方法で

過去10年のレース

昨日の東京の芝レース

そして出走各馬が参加した主要なレース

などを見つめなおしてきました。

その結果感じたことは

やはり皐月賞上位組が強いということです。

特に上位3頭



サートゥルナーリア
ヴェロックス
ダノンキングリー




は、かなり信用できると感じます。

高い確率で馬券圏内に絡んでくると思います。

最初はこの3頭で決まりではないかと

そう思ったくらいです。

ただ、何レースか見ているうちに

この3頭、圧倒的に抜けているわけではない

とも感じました。

いや、強いは強いですし

順当に行けば3頭で決まる可能性が高いです。

ただ、昨年のアーモンドアイのように

圧倒的に抜けた存在かというと

そこには疑問符が付きました。

さらに、3頭それぞれに不安要素もあります。

見てみましょう↓



サートゥルナーリア
馬体バッキバキのマッチョマン。
馬体写真見た瞬間
この馬が勝つと感じたほど。
ただ、父ロードカナロアの影響が強く
若干しなやかさに欠ける印象。
能力は間違いなくトップだが
2400という距離が邪魔するかも。

ヴェロックス
前走、不利がありながら
僅差の2着に粘った根性は素晴らしい。
ただ、走りがまだ大分幼い。
父ジャスタウェイの影響を受けているなら
完成は古馬になってから。
府中の長い直線において
最後この幼さが出たらアウト。

ダノンキングリ―
ディープ産駒らしい1頭。
しなかやで軽い走りはこの舞台向き。
本命にしても良いと思ったほど。
ただ気性面にかなりの問題がある。
今回はちょっとしたロスが命取り。
追い切りでも抑えきれていなかったので
大観衆の前で入れ込んだらアウト。





と、3頭とも力は疑いようがないのですが

初めてのコースだったり距離だったり

そんな中で少しずつの不安要素があったりで

実は手放しで信用できないところ。

なので今回は

この3頭を中心に

伏兵を織り交ぜていくような買い方をしたいと思います。





まず、この3頭を出し抜いて

伏兵勝利まであり得る馬。

それは



シュヴァルツリーゼ



です。



前走は直線前が塞がりまくり

得意の末脚を炸裂させることができませんでした。

ただマンハッタンカフェ産駒らしく

大きなフォームで追い込んでくる末脚は

府中の広く長い直線でこそ

その真価を発揮すると思います。

バシシューも最近伏兵で活躍してますし

一発あるかもしれません。

この馬に関しては

大外枠もむしろ良かったと思います。

一番最後に入って、ゲートで待たされませんし

外から被されることもなく

マイペースで運べるので

3頭を倒すなら、この馬しかいないと思いました。





あと、紐荒れも予想していきましょう。

3頭に勝つというか

3頭のうちのいずれかが崩れることで

そこに割って入りそうなところです。

私は



エメラルファイト
レッドジェニアル




を推します。

エメラルファイトは皐月賞回避。

でもスプリングSを勝っている実力馬です。

3月までは動き固めで

いかにも中山向きの印象でしたが

今回の追い切りでは、しなやかさも見られました。

タイム的にも状態的にも

スプリングSのときよりさらに上げてきた感じ。

ダービーを照準に仕上げてきたなと感じました。

あとレッドジェニアルですが

前走京都新聞杯を勝利。

末脚の威力に自信のある1頭ですね。

タイムも良かったです。

3頭を地力で倒すほどではないでしょうが

地力はそれに次ぐぐらいのものを感じますし

上位が崩れるようならあると思いました。





それから日本ダービーですからね。

やっぱり推し馬を買わないといけないですよね。

私の推し馬は



タガノディアマンテ



です。

オルフェ産駒です。

去年はエポカに良い夢見させてもらったので

今年も期待してます。

3強とは地力において差がありそうですが

この馬も末脚という武器はあります。

またここ3走を見ると

いずれも忙しい競馬をさせられて

最後末脚が届かなかったり不発だったり

この馬の競馬をさせてもらえていませんでした。

ただ今回は府中の2400。

陣営も腹をくくって後ろからと言ってますし

マークしてくる馬もいないでしょうし

伸び伸びと好きなように走れると思います。

府中の直線で

思いっきり弾けてほしいですね。





ってことで私の予想は……



◎ タガノディアマンテ
○ ダノンキングリ―
○ ヴェロックス
○ サートゥルナーリア
▲ シュヴァルツリーゼ
△ エメラルファイト
△ レッドジェニアル




……と、します。










あと、他の馬も触れておきましょうか



ロジャーバローズ
紐で買おうかどうしようか迷った。
最内なので先行しそう。
ただダービーでは先行馬が目標にされやすい。
この馬はその餌食になりそう。

ヴィント
竹之下騎手の夢。
ただ現実的には地力不足。
先行しそうだが行き脚がたりないかも?

サトノルークス
実は先行しそうな馬だが
そこから出し抜くイメージが湧かない。
地力的にも今一つ。

マイネルサーパス
ダノンチェイサーを倒した末脚が炸裂すれば
大穴を開ける可能性もありそう。
ただ現実的には厳しい。
穴党は狙っても良いかも?
パドック次第で買うかも。

メイショウテンゲン
雨でも降れば面白かったが
ここ最近の府中は高速馬場が続いているので
この馬には厳しい流れになりそう。

ニシノデイジー
血統背景的にも応援したくなる馬。
ただレースを重ねるたびに
騎手の指示を聞かなくなっている。
ドンドン人間嫌いになる馬の典型。

クラージュゲリエ
悪い馬ではない。
が、決め手に欠ける印象。
最後の地力勝負になったとき
離れた位置で掲示板に絡む姿しか想像できない。

アドマイヤジャスタ
この馬も悪い馬ではないが
どうにも決め手が感じられない。
父が父なのでここは惨敗して
古馬になって開花するかも?

ランフォザローゼス
エアグルさん一族。
ただこの馬も決め手に欠ける印象。
戦ってきた相手のレベルも上位からは落ちる。
ただダービージョッキーになったいっくんが
渾身の着狙いをすれば好走はしそう。

リオンリオン
たぶんこの馬がペースを作る。
ノリさん騎乗ならマイスタイルのように
レースをひっかきまわす存在になりそうだが
息子に乗り代わりとなったので
先週の武藤君のように元気に飛ばして終わりそう。

ナイママ
総帥のお気に入り。
ただ地力的にも決め手て的にも弱い。
強いて言えば追い切りの動きは良かった。
パドック次第では大穴候補で入れるかも?





って感じでした。










さてさて

いよいよですね。

毎年毎年

この日が楽しみで楽しみで

辛いことがあっても

ダービーのことを思えば生きていけます。

何にしても令和最初のダービー。

その名を歴史に刻む資格は

18頭全てにあります。

予想は予想、推しは推し。

でも結果は結果。

あとは結果を待ちたいと思います。

大いに楽しみましょう!





ヒャッハー!

ダービーだぁー!











終了後追記





令和最初のダービーは大波乱!

ロジャーバローズ大勝利!






は ま な か !

いや!

浜中騎手!


約束通り表記を戻しましたよ!

しかしまさか

このダービーでそれを果たすとは……!

勝因は騎手。

ロジャーバローズ自身も

それなりの地力を持つ馬ではありますし

これからはダービー馬ということで

それに恥じない競馬をしてほしいと

そう思うところでありますが

今日の勝因は騎手の好騎乗です。

今日の馬場は前も残りつつ

後ろからも届くという絶妙な馬場。

その中でこの馬の持ち味を活かすには

あの位置しかないという

そのドンピシャのところを取りました。

1000mを57秒台とかいう

サイレンススズカを思わせるような

殺人的な逃げをうった若武者を見ながら

後続にセーフティリードをとりつつのマイペース。

普段、負ければ騎手のせい

勝てば馬のおかげ
というスタンスの私も

今日は騎手の技ありと思いました。

もちろん

その浜中騎手の手綱に応えた

ロジャーバローズも素晴らしかったです。

しかし今日のヒーローは浜中騎手。

文句の付けどころが一つもない

パーフェクトな騎乗でした。

あの怪我以来、ずっと低迷していて

もうG1を勝てる浜中騎手は

戻って来ないんじゃないかと思っていましたが

武騎手のように

ダービー勝利から復活してほしいですね。

今日のレースができるなら

これからまたG1を勝てると思います。

楽しみですね。

ってことで

令和最初のダービー制覇!



ロジャーバローズ&浜中騎手

おめでとうございます!











さてさて、予想&馬券ですが……

3強+伏兵という考え方は

間違っていなかったですね。

ただ私の買った伏兵の皆さんは

一様に沈黙しました。

私的には前残りの馬場を意識しすぎて

有力馬と先行馬が突っ込みすぎ

結果後ろからの馬が差すという

そんな画を描いていたので

厳しい結果になりました。

買い方としては

3強中心の戦いに

タガノ&シュヴァルツが絡みつつ

紐でエメラル&レッドジェニアルが荒らすというような

3強どれか入れつつな買い方をしてましたが

結果的にロジャーバローズ切ってたんで

どうにもなりませんでした。

ただ3強の順位付けは合ってました。

3強だけで決着したときのために

厚めに買っていたのが一通りだけ

1着 ダノンキングリー
2着 ヴェロックス
3着 サートゥルナーリア


だったので

この順位付けがあってたのは

少し自信になりました。

私の課題は展開読みですね。

なんか最近、思った展開と逆ばかり行ってる気がします。

もっと騎手の心理とか

レース単体というより

開催1日のレースの動きとか流れとか

全体として捉えた方が良いのかもしれません。

でも3強が圧倒的じゃないという見立ては当たっていたので

そういうところは伸ばしつつ

修正していきたいと思います。










ってことで

令和最初のダービーでした。

何だかんだレースは楽しめましたね。

面白いレースだったと思います。

ただまたレコード……。

馬が本当に心配です。

いつだったか言ったかもしれませんが

ダービーレコードで走った馬で

無事でいられた馬って

ディープぐらいしかいませんからね。

昨年もダービーレコードに迫る時計で

その後の秋戦線がひどいことになりましたし

とりあえず全頭ゆっくり休んでほしいです。





ただ、最近府中でレコード叩きだしておきながら

無事にシーズンを越えた馬がいまして。

まあ、やっぱりこの馬化け物だわって思う

今日この頃です。

そんな化け物ことアイちゃん

来週日本に凱旋です。

今日のサートゥルナーリアとブラストワンピース見てたら

今からでも凱旋門賞追加登録してほしい気分ですが

国内でアイちゃんが見られるってことで

応援したいと思います。

安田記念です。

注目はダノンプレミアムとの対決。

私は現在世界最強はアイちゃんだと思っているので

もちろんアイちゃん本命です。





この記事へのコメント

ロイ
2019年05月27日 01:00

お久しぶりです。皐月賞同様に現地観戦してきました。
皐月賞で確信に変わったサートゥルナーリアは思ったより反動があったのか、状態面で3強の中では見劣り気味でした。
まあ、飛ぶなら【ハイペース中弛みで仕掛けミス】のドツボにはまったのも大きかった気がしますが

実はレーンが8レース(2400m)で飛んだのと、ヴェロックスのデビュー戦の騎手が浜中だったのと、先週のカレンの要領でロジャー単勝で抑えてたのですが、ラストは浜中シャウトでした。(ダノキン買ってなかったので)

なんにせよもういいでしょう……。
おめでとうございます。浜中騎手
2019年06月01日 08:40
>>ロイさん
お久しぶりです。
現地観戦お疲れ様でした。
今年は暑かったようなので、大変でしたね。
ロジャーの単勝馬券おめでとうございます。
結構儲かったんじゃないですか?
私は半分あきらめつつもタガノディアマンテの単勝持っていたので、内を突いたときは「タガノさーん!」と連呼してました。
が、沈んできたリオンリオンに巻き込まれて撃沈しました。
結果はともあれ、今回は面白いレースだったと思います。
現地観戦の思い出、大切になさってください。

この記事へのトラックバック