予想するじゃん~皐月賞~

皆さん、皆さん。

良く考えたら今回

平成最後のクラシックですよ。

オークス・ダービーは5月なので

令和のクラシックになりますので

今回は

平成最後のクラシックですよ。

無駄にテンション上がりますね。

無駄にテンション上がって

昨日は終始そわそわしてましたし

変に酒なんか飲んじゃったもんですから

予想が遅くなってしまいました。

うん、荒れてます。

そしてレースも

荒れる気がしてきましたよ!

ってことで

平成最後のクラシック





皐月賞





を、予想してまいります。










今回、なぜ荒れると思ったかというと。

スタートからの先行争いが

どうなるかなってところに注目したんですよ。

レースが流れるか、スローになるか……。

先行する馬は沢山いる割に

行きたい馬はあまりいませんでしたね。

みんなできれば番手が良いような

そんな馬ばかりでした。

あと内馬場が荒れ気味なので

みんな出来れば外に持ちだしたいと思うので

スローながら出入りの激しい

消耗戦になるような気がしています。

とりあえず全頭見て見ましょうか。

スタートを中心に評価してます↓





1 アドマイヤマーズ
ミルコ・デムーロ
スタート 良い
テン 速い
ポテンシャルはあるが難しい展開になりそう。

2 サトノルークス
池添 謙一
スタート 問題ない
テン 普通~速め
面白い存在だが、もたれる癖がある。

3 ファンタジスト
武 豊
スタート 良い
テン 普通
前が消耗戦になれば面白そう。

4 ダノンキングリー
戸崎 圭太
スタート 普通
テン 普通
最有力だが苦しい流れになったときどうか??

5 ランスオブプラーナ
松山 弘平
スタート 良い
テン 速め
道中 良い
終い やや決め手不足

6 クラージュゲリエ
横山 典弘
スタート 良い
テン 遅め
一線級と比べると決め手不足。

7 ヴェロックス
川田 将雅
スタート 普通
テン 速め
悪くないが頭は厳しい。
川田騎手の好騎乗に期待。

8 ニシノデイジー
勝浦 正樹
スタート 普通~良い
テン 速め
気性面で問題が残る。
最初の方で力を使いすぎなければ……。

9 メイショウテンゲン
三浦 皇也
スタート 良くない
テン 遅い
前走は馬場も味方した。
ただ今回は良馬場予定。
内の荒れたところをみんなが嫌がれば?

10 シュヴァルツリーゼ
石橋 脩
スタート 普通
テン 普通
爆発力は素晴らしいがまだ幼い。

11 ラストドラフト
アンドレアシュ・シュタルケ
スタート 良い
テン 速い
道中 良い
終い なかなか止まらない

12 サートゥルナーリア
クリストフ・ルメール
スタート 良い
テン 速い
切れ味勝負は未知数なので
速めに動いていきたい。

13 ブレイキングドーン
福永 祐一
スタート 良い方
テン 遅め
頭は厳しいかもしれないが
地力勝負になれば面白い。

14 ダディーズマインド
宮崎 北斗
スタート 良い
テン 速め
先行したいが行き脚がそこまであるわけではない。
スロー歓迎。

15 クリノガウディー
藤岡 佑介
スタート 良い
テン 速い
有力馬をマークしながらマイペースで。
ただ、外ばかり回るのは避けたい。

16 タガノディアマンテ
田辺 裕信
スタート 良くはない
テン 遅め
スタートを決められるかが全て。
前が消耗戦になれば。

17 アドマイヤジャスタ
岩田 康誠
スタート 良くはない
テン 速め
地力はあるが決め手に乏しい。

18 ナイママ
柴田 大知
スタート 良い
テン 普通~速め
地力不足が目立つ。





注目はアドマイヤマーズが行くかどうか。

サートゥルのハナすらあるかもしれません。

ただこの2頭は互いに意識し合いながら

牽制しあいながら行くでしょうね。

ルメール騎手もミルコ騎手も

後ろの馬を考えれば

あまりモタモタしていたくないと思います。

他の馬達も、この2頭に楽はさせたくないので

ぴったりマーク、

あるいは内に閉じ込めたりと

色々してくることになるでしょうね。

最初スローからの

後半激しい展開になる気がする上

内側が荒れているので

力任せに先行すれば良いわけでもなさそうです。

結果荒れると思います。

ってことで、私の予想は



◎ タガノディアマンテ
○ ファンタジスト
▲ シュヴァルツリーゼ
△ ダノンキングリ―
☆ メイショウテンゲン




と、します。





なんか人気どころはみんな怪しく見えますよ。

なので、ここは平成最後の大勝負。

サートゥル切ります。

マーズも切ります。


前が消耗戦になると予想して

後ろから行く馬中心に買います。

本命はタガノディアマンテ

まあ、オルフェ産駒なので贔屓してます。

ただ前の消耗戦に巻き込まれず

末脚爆発させれば勝機は十分。

展開には左右されそうですが

期待できると思います。

陣営は先行宣言してますが

この馬のスタートで先行なんて無理です。

結局後ろからでしょうね。

あと面白そうなのがファンタジスト

前走見るに、距離は大丈夫そうです。

前が潰れてくれれば

一番に突っ込んできそうな馬ですね。

荒れそうな展開の中で

武豊騎手というのもプラスです。

それからシュヴァルツリーゼ

まだ2戦しかしていませんが

底知れないポテンシャルを感じます。

後ろから突っ込む馬で

あるいは一番怖い存在かもしれません。

で、連下にダノンキングリ―

人気馬の中で一番チャンスがありそうです。

戸崎騎手が昨年のように冷静に乗れば

勝利に一番近い馬かもしれません。

ただ戸崎騎手がミスしそうなところが不安なのと

初めての斤量に負けないかどうか

これまでそこまで厳しい競馬をしていないので

メンタル的に大丈夫かという不安はあります。

最後に穴馬として

メイショウテンゲンを入れておきます。

良馬場なので切ろうかと思いましたが

内が荒れている上、消耗戦になった場合

ゴルシワープを使えばあるいは

と思いました。

三浦騎手もこういうとき

穴馬つれてくる印象なので

こっそり期待してます。










ってことで、予想でした。

まあ、展開一つで

サートゥル&アドマイヤマーズの

ルメール・ミルコで決着するかもですが

私はここで勝負することにします。

荒れる。

今回は荒れる!

実際にどうかは

レースを見てのお楽しみです。










終了後追記





平成最後のクラシック

勝ち馬はサートゥルナーリア!






いや~

審議の青ランプ久々に見ましたね。

降着制度が変わってからは

あまり見ない表示だったんですが

それもG1でしたしね。

ドキドキしました。

でもパトロール見たら大丈夫だと思いましたね。

あれがアウトだったら

ジェンティルボンバーは完全アウトですよ。

なのでジェンティル基準で

大丈夫だろうなって思いました。

何にせよ

平成最後のクラシックは

サートゥルナーリアでしたね。

上位3頭は僅差でしたが

ずっと外々回って勝ったので

この馬が一番強い競馬をしたと思います。

ダービーも楽しみですね。

ただダノンやヴェロックスも

あそこまで食らいついたので

まだまだ1強というわけには行きません。

でも現状は最有力評価でしょうね。

あとルメール騎手はクラシック完全制覇。

桜花賞から連続で勝ってますし

またルメール無双が始まる予感です。

ってことで





サートゥルナーリア&ルメール騎手

おめでとうございます!











しかしロードカナロア……

ディープが種付け中止になった今

リーディングサイアー待ったなしですね。

アーモンドアイにサートゥルナーリア

2年連続でクラシックに大物を送り込むなんて

とてつもない種牡馬です。

あとシーザリオの息子凄すぎ……。

スペシャルウィークは直系こそ危ういですが

血は後世まで受け継がれそうですね。










さてさて、予想&馬券ですが……





荒れなかった~……!





順当に実力どおりで決まりましたね。

もっとカオスな流れになると思ったんですが

先行馬達が元気に飛ばしました。

まあ、正直

サートゥルナーリアはパドックと返し馬見て

やべぇ……やべぇよ……ってなりましたけど。

ダノンキングリ―は最初少しかかっちゃいましたね。

最後内を割ったところは良かったですが

もっとスムーズに進めていれば

あるいは勝てたかもしれません。

さて、私の期待した馬達はというと

まずタガノディアマンテさん。

頑張ったと思います。

最後まくって来たとき

おっ!

ってなりました。

ただ、やっぱりスタートが悪いので

厳しかったですね。

せめてダービーの優先出走権とってくれれば

もう少しテンション上がったんですが

一歩及ばず6着でした。

でも最後は良い脚使ってたので

今後楽しみではあります。

あとファンタジストさん。

後ろからの競馬を期待したのに

中団より前で正攻法。

そういうの期待してなかったです……。

結果距離適性が響きました。

ただ今日の流れでは後ろから行っても……。

ファンタジストさんは距離的にここまでですね。

次はNHKマイルでしょうか?

あとシュヴァルツリーゼさんは前が開かずに撃沈。

伸び伸びと走りたいタイプなので

あの進路取りは痛かったです。

バシシュー最近やらかしまくりです。

ただ穴馬達も含めていえるのは

今日はどんなにスムーズに競馬しても

サートゥルには勝てなかったかなってことです。

あの内容で上り最速ですからね……。

これは後ろから行った馬達は用無しです。

ただ次は府中2400mなので

また条件が変わった分どうなるか。

去年のアーモンドアイに関して言えば

もう問答無用の強さでしたが

この馬に関してはまだ付け入る隙がありそうなので

他の馬達は諦めないでほしいですね。










さてさて、来週ですが

G1はお休みです。

次は再来週の天皇賞

平成最後のG1です。

なので来週はマジ予想はお休みです。

ただ重賞は中々楽しみですね。

特にフローラステークス。

グランアレグリアはNHKマイルってことで

オークス戦線がカオスの一言ですから

今年はこういう脇役戦線も

ばっちりチェックしていきたいと思います。





この記事へのコメント

ロイ
2019年04月14日 21:22
お久しぶりです。サートゥルナーリアはやっぱり強かったですね。展開そのものは戦前から指摘されてた不安要素のフルコースでしたが、きっちり勝ちきる辺り、皐月賞で斜行したあの皇帝も納得せざるを得ないでしょう。

ただ、現地観戦してましたが、着差が着差だけに「降着あるかも」ってムードも流れてました。
今回もジェンティルボンバー同様「先に寄ってきた相手を弾き返す」部類でしたが、過怠金止まりでアレグリアもひと安心?(ボンバーは相手がもたれ癖のあるオルフェじゃなかったらアウトだったような……)
2019年04月17日 21:52
>>ロイさん
現地観戦されてたんですね。
うらやましいです。
現地ではそんな雰囲気だったんですね~。
私は最初に審議のランプが付いたときは正直驚きました。
「そこまでの何かあった?」って感じでキョトンとしてました。
で、パトロール見て降着はないと確信しました。
ジェンティル先生のご指導の賜物ですね。
さておき、サートゥルナーリアは素晴らしいですね。
パドック見て、切ったことを激しく後悔しました。
あれで休み明けなんだから、ノーザン仕上げ怖すぎです。
ノーザン仕上げ×ルメールはもう確勝フラグですね。
そんなこと言ってると負けるのが競馬の怖いところですけど。

この記事へのトラックバック