イグナショフ仕事しろ~K-1横浜大会感想~

MAXに比べると盛り上がりに欠ける内容でしたね。

最近のK-1はMAXの方が面白い試合が多い気がします。










そんな中、日本人のヘビー級王者

京太郎選手が見事なKO勝ちを収めました。



正直アーツに負けると思ってました。





サーセン。





いや、動きよかったですね。

アーツ選手にプレッシャーかけられても

冷静に対処してましたし……。

今までの日本人選手だと

あのプレッシャーかけられた時点で

心がポキンといっちゃうとこですけど

しっかり捌けてましたね。



確かにアーツ選手の状態はよくなかったですが

それでも、京太郎選手の実力は証明できたと思います。

K-1のヘビー級では中の上から上の下ぐらいの実力である

と、評価を改めることにします。





あと、スポーン選手惜しかったですね。

最初のダウンもどっちかと言えばスリップ気味でしたし。

試合中に拳を骨折しちゃってたんですね。




でも、試合内容はバンナ選手より良かったです。

試合に負けて勝負に勝ったって感じじゃないでしょうか?





いや、負けなんですけどね。





ともかく、やっぱり強いスポーン選手。

そのうちヘビー級のベルトにも挑戦してくるでしょうね。



京太郎選手ピンチ!



でも、ここでいい試合をすればまた評価が上がると思うので

がんばって欲しいです。





あと、シュルトさんは流石でしたね。

最初は危ないかなとも思いましたが

見事に対処してましたね。

私が特に感心したのはヒザ。



エロジマンの突進力を封じるために

踏み込んだ瞬間、前にヒザを挿し込んで

完全にエロジマンのパンチを封じてました。




これでシュルトさんの唯一の弱点である

突進パンチ攻撃が封じられてしまったわけで……。










アレ、これ誰が勝てんの?










ますます強くなってるのに

ますます「塩」と呼ばれそうなシュルトさんでした。



シュルトさんはもっと評価されるべき。










ってことで……










イグナショフ仕事しろ。










いや、1Rは「おぉ!?」って思いましたよ?

バダ・ハリ選手のパンチも完全に見えてましたし。

2Rのダウンもなぎ倒された感じで

多分ダメージは無いと思います。



あと、ぶん投げられた時の受身上手すぎ(笑)



いや、ディフェンステクニックは流石だと思いました。





でも……










攻撃して(´Д`;)










後生ですから。










放送だとシュルトさんがラストでしたけど

会場ではあれがメインだったんですね。





後味悪すぎ。





まあ、イグナショフ選手が試合後

ブランクのことに触れてましたけど

何年もK-1を離れていて

ろくに試合もしてなかったような人間をいきなりバダ・ハリと当てて……





面白いとでも思ったんですかね?





谷川は。





もうちょっと考えろよ。

頭の中身はお留守なのかな?





もしも~し!





谷川さ~ん?









いらっしゃいませんか~?










バックトゥー・ザ・フューチャーのビフみたいに

頭をコンコン叩いてやりたいです。










ってことで、いつもながらの谷川批判が出たところで

今回の感想とさせて頂きたいと思います。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック