川尻選手は大変なものをクラッシュしていきました

世間的にはベストバウトなどと呼ばれている、あの一戦ですが、私としては少し思うところがあります。



今回の魔裟斗VS川尻というカードが組まれた時、私はこれに反対でした。

確かに、最近のK-1では、トップクラスのファイターがMMAの選手にやられてしまうということが頻発していました。

誰かが、K-1の信用を回復させなくてはならなかったのかもしれません。

ですが、それは果たして、後2試合で引退する魔裟斗選手の仕事だったのでしょうか?



私はこれに「NO」と言いたいと思います。



MAXでカリスマとまで言われた魔裟斗選手が、あと2試合しかしない……。

なら私はその2試合、K-1の威厳を示すより、K-1の面白さを示して欲しかったです。

自分が引っ張ってきたと豪語するMAXの今後のために。

自分がいなくなった後の、MAXの今後のために。



K-1の威厳なんて、そのあと残されたファイター達が取り戻せばよかったんです。

いや、むしろこの間のブア様VSジダ戦で多くの総合ファイターは、立ち技の厳しさを思い知ったことだと思います。

残されたファイター達も魔裟斗選手より劣っていることなどありません。

キシェンコ、サワー、ペトロシアン、ブア様などの強豪ファイターが、やってくれたはずです。





そうは言っても、試合は組まれ、そして終了しました。

ここまで来たら川尻選手が勝つなり、もっと見せ場を作ってくれればもう少し面白くなったんですけどね。

魔裟斗選手は本気出さずに勝っちゃいましたね。

せめて、宣言通り、足を止めてノーガードで打ち合ってくれれば面白かったんですけど……。

なんか、普通に戦って、普通に終わってしまいました。

しかもこれが魔裟斗選手のMAX最終試合。

川尻選手がクラッシュしたのは魔裟斗選手でもK-1の威厳でもなく、「K-1の面白み」だったのでは?

まあ、総合から来てますから、「立ち技より総合の方が良いよ~」ってアピールできれば良いんでしょうけど、これじゃあネガキャンじゃないですか。

どこの政治家ですか……(´д `;)

とんでもないものをクラッシュしてくれたもんです。





まあ、でも川尻選手の責任はそんなに大きくはないですね。

「強い選手と戦いたい」

「有名な選手を倒したい」

そんな願望はファイターなら許されるものですし、持つべきものだとも思います。



魔裟斗選手にしても、

「自分のいないところで大口を叩く連中を黙らせたい」と思うのは、まあ人として仕方ないことだと思います。



そうすると、一番悪いのは……。





すみませんね、毎度毎度の批判で……。










一番悪いのはFEGと谷川Pです。










うん……毎度毎度すみません。




でも、そうですよ。

今後のK-1のことを考えたらこの試合は組むべきではなかったです。

本人達にはやりたいっていう気持ちがあります。

だから止められるのは運営側だけなんですよ。



止めろよ。





ってことで、毎度お馴染の批判でした。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック