ヲタ襲来?コスプレファイター長島☆自演乙について…

いやー……昨日のMAXは凄かったですね。

色んな意味で。



まあ、本題は後回しにして、とりあえず大会の感想からいきますか。

まず、面白かったと言うこと。

ただし、日本人選手のレベルの低さも感じました。

ボカスカ殴り合っていて、それはそれはエキサイティングな試合でしたが、それはすなわち、ボカスカやられるくらいどの選手も穴だらけってことです。

強いて言えば、小比類巻選手は経験もあって穴が少なめでしたが、詰めの甘さと油断するくせは相変わらずでしたね。

まあ、見ている側としては面白かったですけど、「競技者としてどうなのかな?」とも思いました。

ハッキリ言ってしまうと、昨日の選手の中で、今のMAXで世界クラスに通用する選手は見当たりませんでした。



近年、MAXのレベルはグングン上がっています。

しかし、日本と世界ではその上がり方に差があります。

日本は魔裟斗選手や佐藤選手がなんとか食らいついていっていますが、他の選手は……。

城戸選手には望みも感じていましたが、昨日の試合で完全に失望しました。

ヒナタ選手の強さももちろんあったと思いますが、それ以前に城戸選手がダメダメでした。

期待していただけにガッカリです。










さて、そんな中一人だけ異彩を放つ存在がいました。

ここまで言えば誰か分るのがすごいですよね(笑)



長島☆自演乙☆雄一郎選手です。



前々からコスプレファイターとして騒がれていましたが……

いやはや、絶句もんですね(´∀`;)



MAX始まったー!

と思った瞬間……



キラッ☆










すげぇのが出てきたな……。










さらに、時折画面に映し出されるハルヒ軍団

その他、よく分からないキャラ達……。





そして、阿部さん。





ウホッ! いい男!










K-1が……すごいことになってる(´∀`;)

見てて終始苦笑いのK-1ってのも初めてですよ。



そして何よりびっくりしたのが、K-1ホームページ内のベストバウトとMVP投票コーナー。



さっき投票に行ったら、MVPはぶっちぎりで長島選手。

ベストバウトも長島選手の2試合がワンツーでした。





多分、ヲタ系のファンが投票したんでしょうね……(´∀`;)





いや、オタクの皆さんにも格闘技を楽しんでいただきたいです。

ただね、楽しみ方が間違ってないかと……。

私は憂慮しています。



ハッキリ言って、私は昨日、長島選手の試合を見て、予想以上の強さに驚きました。

ただ、目玉が飛び出るほどの強さは感じませんでした。

実際、パンチも良かったですし、出入りのスピードも速かったです。

おまけにタフで、根性もありました。

ただ、ディフェンスが下手で攻撃もらいまくりでしたし、まだ才能だけで戦ってる印象をうけました。

世界クラスと戦ったら1Rも持つだろうか?

そう思いました。



いや、本業はコスプレイヤーだから、試合なんかどうでも良いのか(´∀`;)



まあ、それはそれで本人の問題として……

私はベストバウト、MVPの投票に問題があると思いました。

私個人としては、ベストバウトは決勝戦、MVPは山本選手だと思いました。

まあ、それは個人の意見なので、置いておくことにします。





もちろん、皆さんが、純粋に長島選手の試合を楽しみ、純粋にファイターとして長島選手を賞賛するのなら、何の問題もありません。



ただ





ただ










入場のとこを含めてMVP決めてないかと





コスプレイヤーのMVP選んでるんじゃないかと










そう、思わざるを得ないんです。



いや、長島選手良かったですよ。

ディフェンスはダメでしたけど、それさえモノにすれば素晴しい逸材です。

あのガードを掻い潜ってくるストレートなんか世界でも通用しますよ。

それだけに心配なんです。

ファイター長島☆自演乙☆雄一郎がただのイロモノになるのではないか……。

一時のブームで終わってしまうのではないか……。

心配です。

彼は磨けばもっと輝きます。

ヲタ系ファンの皆さんも、入場だけでなく、試合にも注目してあげてください。










あ、



本業コスプレイヤーだから、ファイターとして輝かなくても良いのか……(´∀`;)











もう、わがんね\(^o^)/




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック