K-1WorldGP今年の展望

開幕戦終わりましたね。
色々、予想外だったりしましたが、これでベスト8が出揃いました。
まだ、決勝でどういう組み合わせになるのかは知りませんが、今回は優勝予想をしてみようと思います。
しかし、何があるか分からないのが格闘技……予想は難しいです。
そこで逆に考えてみます。
その選手が優勝するにはどうすべきか?
今大会での感想も合わせて、一人一人見て行きたいと思います。

ルスラン・カラエフ
今回のベストバウトは間違い無く、ルスランとハリッドですね。
すごい試合でした。
ルスランもフラフラでしたけど、お母さんへの想いもあったんですかね……最後は見事な逆転KOでした。
ルスランの優れている所はやっぱりスピード、そして回転力です。
あのスピードでラッシュされて、しかも何の前触れもなくトリッキーな攻撃をされた日にはたまりません。
しかし、今回もあったように、その回転の速さ故に自分でも塞ぐことができない防御の穴がちらほらできます。
それが、ルスラン最大の弱点です。
ラッシュを仕掛けるため接近した時、そこでカウンターを貰ってしまったら、ルスランの負けが確定するでしょう。
では、どうすれば、ルスランは優勝できるでしょう?
スピード&回転力で勝負できるような選手相手なら良いですが、そうでない相手もゴロゴロしています。
そこで彼が身に付けなければいけないのは「攻撃の緩急」だと、私は見ます。
彼はとてもいい選手です。
アグレッシブで、常に攻め続けます。
しかし、さっきいった防御の穴を作らないためにも、攻撃すべき時、守るべき時を明確に分ける必要があります。
例えば、ルスランのパンチが当たります。
相手がフラついたとします。
それでも、ヒット&アウェイを繰り返し、ジワジワ仕留めに行くべきでしょう。
回転力とスピードで相手を翻弄し、徐々にダメージを蓄積させていく戦い方をして、そしてここぞと言う時の勝機を逃さなければ、彼はきっと優勝できるでしょう。

ジェロム・レ・バンナ
今回は蹴りも戻り、さほど苦戦することもなく勝てましたね。
ガードの上からでも、完全にミドルやハイが効いていました。
まあ、澤屋敷選手は元々、ガードの上からでもぶっ倒れる選手なんですがね(笑)
さて、そんなバンナの武器は何と言ってもK-1随一の破壊力
そして、ちょっとした攻撃ではびくともしない分厚いガタイです。
重戦車に例えるのが一番良いでしょう。
しかし、いくら破壊力と耐久性に優れた戦車も、度重なる攻撃を受ければ壊れます。
例えば、ローキック一発……例えば、ジャブ一発……
耐久性があるが故に、そう言った些細な攻撃を見逃すことは逆に危険です。
それに、こうした攻撃から、相手はリズムを組み立てますしね。
バンナは、もう少し、こういった些細な攻撃のカットを的確にできるようにした方が良いでしょう。
オフェンス面は大丈夫だと思います。
今回はキックもパンチも戻って来ていますし、上下の打ち分けもしっかりできていました。
後は如何に些細な攻撃をカットできるかだと、私は思いますね。

グーカン・サキ
地上波で放送しろよ(゚Д゚#)ゴルァ!!
正直、今回チェックしておきたかった一番の選手でした……。
仕方ないので、過去の試合を元に話を進めることにします。
彼を、学校の通信簿で例えるなら、「どの教科でも3か4を確実にとっている」って感じです。
基本、何でもできます。
テクニックもありますし、パワーもスピードもそこそこあります。
ただ、抜きん出たステータスがないので、これといった武器もありません。
今までは大した選手が相手ではありませんでしたが、ベスト8に揃った選手は強豪ばかりです。
その中で武器がないと言うのは、いささか不安なことでもあります。
が、何でもこなせるので、ここは教科書通りに戦えば良いと思います。
何があっても落ち着いて、基本に忠実に戦う……。
これといった見栄えもしない代わりに、これといった穴もありません。
逆に、相手に何かしら穴ができたら、サキにとっては最大のチャンスです。
教科書通りにそこを突くため、彼はこれから決勝まで、ひたすら教科書通りにいつもの練習をこなし、全体的にスキルアップを図っていけば良いでしょう。
案外、地味に優勝できるかもしれません。
シンプル・イズ・ベスト!

エロール・ジマーマン
何ていうか、元気の良かった時のボブ・サップを見ているようでした。
持てるパワーの全てを拳に集めて、ガードもお構いなしに目一杯殴りつけるラフファイトは、さながらストリートファイト。
しかも、サップと違って基本的なことはできると来たものですから、かなり性質が悪いです。
サップはテクニックが無かった上、いろいろヘタレだったこともあり、次第に誰でも勝てるようになりましたが、ジマーマンは違います。
基本はある程度できるんです。
あなたとは違うん(ry
ただ、今回、ファイナル・ラウンドを見て思ったのですが、ひょっとしたら、案外打たれ弱いかもしれません。
本当は、ディフェンスを徹底的に磨いてほしい所ですが、これから12月までの間では、多分付け焼刃で終わってしまう可能性があります。
だから、オフェンス練習を重点的にやれば良いと思います。
こうなったら、長所を徹底的に伸ばしてしまえば良いんです。
攻撃は最大の防御です。
幸い、グラウベの攻撃を凌ぐだけのことはできるので、あとはカウンターを貰いにくくするために、攻撃のバリエーションを増やせれば良いでしょうね。
幸い、サップと違って色々できる選手です。
パンチもキックも良いものを持っています。
カウンターに気をつけて、ひたすらケンカファイトを貫ければ、優勝もできると思います。

レミー・ボンヤスキー
あんなダイジェストでは何も分りません(笑)
でも、とりあえず、いつも通りきっちり仕上げてきているということは分りました。
レミーはテクニックはトップクラスです。
攻撃のしなやかさも申し分ありません。
ガードも固いです。
が、たまにポカをやらかします。
大抵、パワー負けです。
しかし、最近のレミーはシュルトに対抗するためか、なんだかボリュームがアップしてきました。
幸い、今回はシュルトもいませんし、二連覇を達成したあのテクニックで、今回久々に復活するかもしれませんね。
優勝するには、このままベストコンディションに仕上げればそれで十分だと思います。

エヴェルトン・テイシェイラ
さて、前回見た時はまだまだ全然でしたが、今回は結構成長を見ることができましたね。
手数も多かったですし、蹴りの距離感も掴めてきているようでした。
ただ、まだパンチが荒削りですし、全体的に戦い方がラフすぎる印象がありました。
今までは破壊力のある相手がいませんでしたから良いですが、バダ・ハリやバンナなんかのハードパンチャーと当たったときに、彼が耐え切れるかどうかが心配です。
私が思うに、彼はもう少し蹴りを出せば良いと思います。
せっかくあれだけのスタミナがあるんですから、パンチの距離でKO負けを食らうより、ガード無視でひたすら蹴りを振り回していけば、彼のペースになるのではないでしょうか?
そこで私が提案するのは、「初期ブアカーオ作戦」です。
とにかく、自分の蹴りの間合いをしっかり掴んで、得意の前蹴りとミドルで相手を叩き潰せば、極真初のK-1制覇も夢ではないと思います。

バダ・ハリ
かなり打たれ弱いことは分りました。
でも最後のボディー、あれは良かったですね。
思えば、去年のバンナ戦から、ホンマンはボディーの弱さを露呈していましたし、ローも効いていたんですから、バダはもう少しクレバーになっても良かった様な気がします。
そんなバダですが、とりあえず、テクニックはトップクラス、破壊力もトップクラス、スピードもトップクラス……。
正直、優勝候補だと睨んでいたんですが、あの打たれ弱さはちょっと心配ですね。
今から鍛えても打たれ強さは生まれつきのものが大きいですからね……。
あとはディフェンスを磨くしかないですが、バダは実はディフェンスもかなり巧いと思います。
じゃあ、なんでダウンしたのか?
彼は勝ち方にこだわるからです。
今回はたぶん、パンチで薙ぎ倒してやろうと思ったんでしょうね。
私は彼には、「最終的なKO勝ち」を狙って欲しいです。
今回だって、ローとボディーに集中すれば、もっと早くKOできたと思います。
それだけの強さがあるわけですし、勝ち方にこだわらなくても、彼の試合は十分面白いです。
変にこだわらなければ、優勝はすぐ手の届く所にあります。
まあ、変にこだわるからバダ・ハリとも言えますけどね……。

ピーター・アーツ
シュルト締め出しに成功しました。
やっぱり暴君は違いますね。
まあ、今回の判定は若干アーツに贔屓しすぎだった気もしますが、しかし、体格差やシュルトが王者であることを考慮に入れれば、許容範囲内といったところでしょうか?
ともかく、アーツがベスト8進出です。
さすがに三度もK-1を制した男です。
たまにガードが開くくらいで、致命的な穴もなく、また、ハイキック右ストレートを始め、数々の武器を持ち、さらにベテランならではの老巧なテクニックを持ち合わせ、場数を踏んできただけあって、ピンチにあってもまったく動じない精神的な強さも持っています。
もう、優勝に必要な条件は全て備えています。
今更何も言うことはありません。
強いて言えば、彼の最大の敵はケガや病気です。
試合中のものはもとより、試合前のものもそうです。
体にだけ気をつけてほしいです。


……ってことで、全選手見てきたわけですが、今年はどの選手が優勝するでしょうか?
上に書いてきたように、全ての選手に可能性はあります。
数ある可能性の中の一つを神様が取捨選択した時、王者は決まるんです。
今年はどの可能性が選ばれるか?
私が予想するに……



リザーバーからシュルトが四連覇達成!



……最悪だ(´∀`;)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック