うさぎと田舎者の冒険

アクセスカウンタ

zoom RSS ド田舎からマジ予想〜京都記念〜

<<   作成日時 : 2018/02/10 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世の中は五輪で盛り上がったり

盛り上がらなかったりしていますが

競馬界はそれどころではありません。

今年の競馬を占うような1戦が

さっそくやって来ました。

昨年、その低評価を覆し

怒涛の勢いで古馬に襲い掛かった

真最強世代の明け4歳世代。

そのうち

ダービー馬レイデオロ

皐月賞馬アルアイン

秋華賞馬ディアドラ

和田さんの宿敵モズカッチャン


が、今年最初のレースを迎えます。

大変だこりゃ。

ってことで今年最初の本気予想は



京都記念



です。

予想はさておき

レースが楽しみすぎます。










で、いつもなら

1頭1頭見ていくんですが

今年からは

振るいにかける感じで行こうと思います。

さて、まず

あきらかにレースについて行けないだろう

そんな馬がいますね。



8 アクションスター



です。

もうタイムとかレース内容見るだけで

セルゲームのときの餃子感出てます。

とてもこの戦いにはついて行けません。

が、餃子と違って参加はします。

参加することに意義がある!


五輪精神だね☆



あと、見るからに実力が足りない馬もいます。



1 プリメラアスール

2 ケントオー




です。

プリメラアスールは持ちタイムも今一つ。

先行力はあるんですが

末脚が使えません。

この面子相手にそれでは厳しいです。

あとケントオーは悪い馬ではないんですが

一言で言えば器用貧乏です。

どれも無難にこなしますが

どれも微妙な感じです。



で、ここからは

それなりに戦えそうな馬達です。

なので、当日の条件など見ながら

色々考えていきます。

まずコースですが

京都競馬場外回り2200mの芝コース。

3〜4コーナーの淀の坂以外は

比較的フラットなコースです。

特に直線最後に坂がないので

末脚自信マンの皆さんには

実はきついコースなんですね。

数多くの追い込み馬が

最後の最後届かない瞬間を

何度目にしたことでしょう。

ただ、並外れた瞬発力があれば

話は別ですけどね。

また今回は雨降った分がどうなるか。

一応明日は晴れるようですが

あまり馬場が重くなると

また考えも変わりますよね。

ってことで

まず切りたい馬が出てきました。



9 ミッキーロケット



です。

持ちタイムで言えば

このメンバーでも上位なんですが

スピードに反比例して勝負根性がありません。

また馬場が渋るのも歓迎しない馬です。

またここ2戦重い斤量でハンデ戦を戦い

疲れがたまっていると予想されます。



さて、では展開など考えていきますが

クロコスミアが逃げることは確実です。

それを追いかけてモズカッチャンと

アルアインあたりも行くでしょうか?

クリンチャーも前に付けそうです。

それを見てレイデオロ。

レイデオロマークでディアドラ

なんて感じでしょうか?

3コーナーあたりから勝負が始まりますかね。

レイデオロの動き次第で

かなりの力比べになる気がします。

クロコスミアとしては

早くから目標にされるので厳しいでしょうか。

岩田騎手の騎乗次第では分かりませんが

最近の岩田騎手はただの腑抜けです。

ディアドラはレイデオロ見ながらでしょうか。

いっくんが呑気に構えてる姿が目に浮かびます。

アルアインは早めに仕掛けて

スピード勝負に持ち込みたいでしょう。

そうなるとモズカッチャンはかなり消耗しそうです。

なのでモズは脱落でしょうかね。

直線ではアルアインとレイデオロあたりが

持ちタイムなど地力を考えても

このメンバーでは抜けそうな気がします。

あとは3着争いですが

消耗戦に強いクリンチャーと

呑気に後方走ってるであろうディアドラ。

楽に逃げられればクロコスミアも怖いですが

楽はできないでしょうね。

あとはミッキーがお茶を濁す予感です。

ってことで

私の予想は



◎ レイデオロ
○ アルアイン
▲ クリンチャー
△ ディアドラ
☆ ミッキーロケット




とします。





ただ、本命レイデオロにしましたが

バルジュー騎手というのが不安です。

別に侮っているわけではありませんが

ルメール騎手なら今までずっと乗っていましたから

レイデオロの力を信じて

あらゆる状況に対応してくれたでしょうが

バルジュー騎手はテン乗りなので

レイデオロという馬に対する先入観で

凝り固まったレースをしてしまうかもしれません。

乱戦になったら逆転もあるかもしれません。

とはいえ、ここはあくまで前哨戦。

まずはG1に向けてどんな走りをするか。

注目して見たいと思います。











終了後追記





新重馬場巧者誕生!



ってことで

クリンチャーがやりました。

この世代において

2番手って感じの立ち位置でしたが

ついに1番をとりました。

っていってもまだG2勝っただけですけど

重馬場なら主役級を食えると

証明できただけでも価値のある一戦でした。

サトノクラウンもこのパターンでしたね。

今後G1でも重馬場なら狙ってみたいです。

ってことで



クリンチャー&藤岡佑介騎手

おめでとうございます!











さてさて、馬券ですが

今回は男の三連単1点勝負!

買い目はこうだ↓



三連単1点

1着 アルアイン
2着 レイデオロ
3着 クリンチャー






んあああああああ!!!

そこの2頭!!!

差しきれよ!!!






バルジュー騎手がやらかすまでは

想定していたんですが

その場合はアルアインが勝つと思いましたし

どんなクソ騎乗でも

レイデオロなら2着にはくると思っていましたが

クリンチャーが想像以上でした。

思えば3角からの乱戦も

ある種クリンチャーが主導権を握ってましたし

藤岡騎手の好騎乗と言うほかありません。

あとクリンチャーが想像以上でした。

ほんと。

ってことでハズレ。

うへぇ……。

あとモズカッチャンの手応えにビビりましたが

そこは牡馬の力が勝りましたね。










さて!

来週は今年最初のG1!

フェブラリーSがありますよ!


もちろんマジ予想で臨みます。

今のところ本命はテイエムジンソクですが

他の馬もじっくり吟味したいですね。

そして来週こそ当てる!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ド田舎からマジ予想〜京都記念〜 うさぎと田舎者の冒険/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる